ぼくなりの想い

ぼくなりのこと

ぼくなりでは、京都の伝統工芸(京指物)の職人が、現代社会に合う、若者を応援するためのオリジナル木工品を制作しています。
現代社会の中で、自信を持ってどんどん前へ進んでいく。そうありたいのは山々ですが、そこにはさまざまな壁があり、そうたやすくはいきません。

緊張する場面、気後れする瞬間、自信を失う出来事、そんなことは日常茶飯事です。

しかし、本当はこんな若者たちにもっともっと活躍して欲しい!自信をもって勇敢に社会と向き合ってほしい!そうなればきっと社会はもっとよくなり、みんなはもっと幸せを感じられるはずです。

こういう想いで、「ぼくなり」は若者が勇気をもって堂々と迷い道を進むためのツール「冒険グッズ」を制作しています。

緊張する初対面のシーンで活躍する木の名刺入れ、「zindai」や「lens」。

明日への活力のために、心地よくエネルギーを蓄えるためのお箸「どんぐり」「そらまめ」「とりころーる」。

日々のデスクワークに疲れやすくなっている腰回りを鍛える一本歯下駄「シェア」。

人生という冒険、仕事や社会という難関だらけの進む道を、勇敢に戦ってほしいと考えています。

(株)ぼくらがつくるとこうなります 代表取締役 高橋博樹